そこにわたしはいました

被写体を探して、または消せない記憶

2017年撮影「花・植物」より

 1月13日。板橋区立熱帯植物温室館で「らん・ラン・蘭展2017」。ここへ来たのは2度目です。真冬に温かい室内で花の撮影ができるのは結構ですが、照明のため写りが平板になるのはやむを得ません。4番目は和蘭の一種です。

f:id:hakanat:20190222092055j:plain

f:id:hakanat:20190222092121j:plain

f:id:hakanat:20190203174024j:plain

f:id:hakanat:20190222092152j:plain

 

 3月2日。去年の記事にも出てきた近所の梅園のような場所です。前回より収穫はありました。

f:id:hakanat:20190131143020j:plain

f:id:hakanat:20190203174111j:plain

f:id:hakanat:20190222092242j:plain

 

 3月16日。川口市立グリーンセンターで「第40回 椿展」です。品種名は順に、日の丸、港の曙、綾川絞、陣屋の椿。これほど多くのツバキを目の当たりにしたのははじめてで、見応え十分でした。

f:id:hakanat:20190222092401j:plain

f:id:hakanat:20190121072620j:plain

f:id:hakanat:20190222092500j:plain

f:id:hakanat:20190222092525j:plain

 

 4月5日。最寄り駅のロータリーにあるソメイヨシノが満開になりました。その後、桜餅が食べたくなったので買って帰りました。この葉はオオシマザクラと承知しています。

f:id:hakanat:20190222092831j:plain

f:id:hakanat:20190222092917j:plain

 

 4月14日。近所で見かけた八重桜の一種です。梅の撮影は雨天のほうが色がしっとりと出ますが、桜は晴天に限ります。

f:id:hakanat:20190121072851j:plain

 

 4月21日・28日。近所で目にしたどうということのないツツジの写真。

f:id:hakanat:20190222093037j:plain

f:id:hakanat:20190121073004j:plain

 

 5月11日。旧古河庭園。ここは規模がちょうどよく、管理が行き届いているので、最も撮影しやすいバラ園の一つです。6点。

f:id:hakanat:20190121073257j:plain

f:id:hakanat:20190222093247j:plain

f:id:hakanat:20190203174212j:plain

f:id:hakanat:20190222093334j:plain

f:id:hakanat:20190121073345j:plain

f:id:hakanat:20190131143058j:plain

 

 6月19日。近所のナツツバキとキンシバイです。どちらも大変魅力的な花木です。

f:id:hakanat:20190222093456j:plain

f:id:hakanat:20190203174301j:plain

 

 7月23日。埼玉県嵐山町菅谷館跡に自生するヤマユリです。猛暑のなか花を探しましたが、手応えは今一つでした。

f:id:hakanat:20190222093554j:plain

f:id:hakanat:20190222093621j:plain

 

 10月27日。足立区の青和ばら公園。今年の秋バラはここと決めて出かけてみたものの、状態が悪く、期待はずれに終わりました。

f:id:hakanat:20190131143136j:plain

f:id:hakanat:20190222093834j:plain

 

 11月2日。日比谷公園で「東京都観光菊花大会」という催しが前日から始まりました。しかしほとんど準備ができておらず、やむなくバラの撮影に切り替えました。2点のみです。

f:id:hakanat:20190222094128j:plain

f:id:hakanat:20190222094152j:plain

 

 11月12日。近所で、これはサザンカとツバキでしょうか。区別がよくわかりません。

f:id:hakanat:20190222094316j:plain

f:id:hakanat:20190222094339j:plain

 

 11月12日。小江戸川越菊まつり」が喜多院で開催。今年こそはと足を向けてみました。しかし展示品よりも販売品の多種多様な苗木のほうに目が向いてしまいました。

f:id:hakanat:20190203174423j:plain

f:id:hakanat:20190131143205j:plain